公認会計士になることができる専門学校の特長

バブルが崩壊して以降、日本経済は長らく不況の状況が続いてしまっています。
昨年の春から続いている新型コロナウイルスの影響によって、リストラされてしまったり、お給料が激減してしまったりしているかたも多く、さらなる不況の波が到来することは避けられない状況です。
しかし、こんな不況の世の中においても、安定して高収入を得ることができている職業がいくつかあります。
中でも公認会計士は、安定して高収入を得続けることができる人気の資格です。

公認会計士は、合格率が10パーセント程度しかない難関試験を突破しなければなりません。
そのため、多くの方は、独学ではなく専門学校に通って合格を目指しています。
その需要度の高さから、都市部を中心に多くの専門学校があります。
公認会計士を目指す方は、最初にどの専門学校に通うのかが重要なポイントになってくるのです。

いろいろな専門学校の中で、特に人気があるのがCPAという専門学校です。
毎年多くの合格者を出している専門学校として有名で、オンライン講座なども利用することができます。
分かりやすいテキストや講座が人気となっていて、まったく公認会計士の知識がない方でも、短期間で合格することができると評判です。

CPA会計学院の公式サイトはこちら