営業職にはセレックは必須です

朝の身支度で銀色の詰め物を鏡越しに見ると、その度に、周りの女性に良い印象を与えていない事を思い知らされます。
この時点では、私はセレックの存在を知りませんでしたので、打つ手は考えられませんでした。
しかし、ある日辞令が出て、総務課勤めから営業職への移動を言い渡されたのです。
私は総務課の中では、人付き合いが良い方でしたから、営業職も何とか務まるだろうと考えていましたがそれ程甘くありませんでした。
仕事内容は端的に言えば、飛び込み営業に該当するでしょう。
すなわち、割り当てられた地区に住んでいる家々に、次々と商品の売り込みをするという訳です。
販売している商品は高価なので、数百件当たって一つでも売れれば、黒字というタイプの品物ですが、実際に話しを聞いてくれるのはごく少数です。
一番私が困っているのは、商品の案内をする為のスピーチをしていると、銀歯だらけの歯が好ましく映らない事が原因なのか、頻繁に私から視線を反らします。
そして話し半ばでドアを閉められてしまうというのが、パターンになっていました。
私は営業仲間に悩みを口にすると、それならセレックを利用した歯科医があり、そこで施術を受ければ、真っ白な歯に生まれ変われる事を知りました。
懸念材料は健康保険が利かない為、支払い料金は全て自腹だという事です。
しかし現在の営業成績を鑑みると、給料やボーナス、あるいは昇進にも相当響くという噂なので、私は思い切って施術をお願いする事にしました。
すると営業活動でも、私の話しを以前よりも良く聞いてくれている様で、購入してくれる馴染みのお客様も出来ました。
これからの歯科医院は、セラミックがトレンドになるかも知れません。
セレック、メタルフリー治療なら大森駅ナカの横須賀歯科医院へ